こんにちは。

今日は教員の仕事の中でも

コアとなる部分、

校務分掌についてお話しします。

いや、

もちろん仕事のメインは

授業であることは

間違いないと思うんですが、

授業以外で

先生たちがどんなことを

しているかと言いうと、

校務分掌に腐心している時間も

非常に多いです。

1 校務分掌とは

校務分掌とは

学校の仕事を

教員で分担することで、

会社で言う

「部署」のような

イメージです。

基本的に全ての教員が

分掌につくようになります。

例えば、

生徒指導をメインで行う教員、

学校行事の計画を行う教員、

PTAや校外との関わりをメインで行う教員など、

様々な役割分担があります。

基本的に1人1つの分掌につきますが、

学校によっては

1人2分掌制の場合もあります。

2 どんな校務分掌があるのか

校務分掌は

その学校によって

色々なものが設定されています。

代表的なものをご紹介すると、

・生徒指導部

生徒が人として

しっかりと成長するのを

手助けするのが仕事です。

例えば、

生徒の素行、頭髪や服装などの指導、

生徒同士のトラブルや

事件・問題行動のあった時の対応など、

一言で言うと

学校ないの警察のような仕事です。

・進路指導部

生徒の進路について

指導計画を練ったり、

生徒の相談に乗ったり、

進路希望を調査したりするのが仕事です。

会社や大学・専門学校との窓口にもなります。

時期によっては

インターンシップや

オープンキャンパスなども

企画することがあります。

特に実業高校にとっては

求人が生命線であるので、

非常に重要な分掌になります。

・特別活動部

主に学校行事の計画や運営を行う部署です。

例えば運動会やクラスマッチ、

文化祭などをとりしきります。

生徒たちが

充実してメリハリのある

学校生活を遅れるかどうか、

非常に重要な仕事です。

・教務部

学校がうまく運営できるよう

細かい計画を行う部署です。

例えば、

時間割や学校行事の日程など、

スムーズに学校が回るように

根回しをしています。

直接生徒と関わると言うより、

事務的な細かい作業が多いため、

気配りが必要になります。

他にも

生徒の成績の取りまとめや

短縮日課等の調整、

指導要録の取りまとめ、

定期試験の計画など、

仕事は多彩です。

まさに学校の総務的なポジションで、

誰がやるべきか決まらない仕事は

だいたい教務部に押し付けられがちなので、

教務の人たちは何でも屋さんのように

使われがちです。

・学習指導部

生徒たちの学習状況を把握し、

実力テストや資格試験など

学習力アップに関することを

まとめる部署です。

学校によっては

課外学習なども多いので、

そういった取りまとめや

模試や補習の日程調整などを行います。

・保健指導部

生徒たちの保健室利用、

また内科検診や歯科検診等、

健康状態を保つための

計画を行う部署です。

学校によっては

掃除用具や掃除場所の管理も

行なっています。

・図書部

図書室の運営・管理や

図書に関する行事の計画を

行う部署です。

仕事自体は他の分掌に比べ

多くないので、

一般に分掌メンバーは少ないです。

若手が図書部になることは稀と言えるでしょう。

・庶務部

主にPTAに関する仕事をする部署です。

役員となった保護者との窓口、

PTA総会の運営など、

他の部署が対生徒の仕事であるのに対し、

この部署の仕事は保護者が相手となります。

・その他

他にも学校によって

色々な分掌があるかと思います。

とくに校種や地域によって

特徴のある分掌もあるでしょう。

いずれの分掌にしても、

メンバー間で役割分担をして、

仕事をこなしていきますが、

時期によって非常に忙しいです。

だから教員は

年度の始めは自分が

何の分掌に配属されるかが

非常に気になります。

ただどの校務分掌も

学校の運営にとって

非常に重要なものばかりなので、

色々な分掌を経験できれば

学校の仕組みがよくわかると思います。

3 「担任」は校務分掌か

学校によって

「担任」が校務分掌である場合と

ない場合があります。

学校も人手不足ですので、

「担任」も他の分掌に付くことは多いです。

ただ私の経験上、

「担任」が一つの分掌である場合、

クラスに関する仕事は

各分掌から丸投げされるケースが多いので、

必ずしも担任分掌制は

楽かと言うと、

そうとも言い切れません。

校務分掌は

なかなか生徒の立場だと

イメージしづらいですが、

教員にとっては

授業の次に多くの時間を

要する仕事になるので、

特に若手教員や

これから教員を目指す方には

知っておいてほしい

学校の仕組みです。

もしよろしければ、↓ランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。


高校教育ランキング

にほんブログ村 教育ブログへ


にほんブログ村 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事