日本中の学校の休校を

巻き起こした今回のコロナ騒動。

 

ニュースのコメントや

ツイッターを見ていると、

かなり突発的な政府の方針に

戸惑いや憤り声が

多数を占めているように思います。

 

私たち教員も、

突然のことに

現場もかなり動揺していました。

 

特に卒業式や高校入試の直近ということもあり、

果たしてこれらを実施できるのか、

非常に不安でした。

 

あの混乱から1週間が過ぎ、

今はだいぶ落ち着きを取り戻しましたが、

生徒たちがいつから登校できるのか

いまだ不明です。

 

さて、

今学校の先生たちは

何をしているのか?

 

多分、

世間の方々には

あまりイメージが

つかないかもしれません。

 

「授業が無いから

先生たちも休めるの?」

と言う声もたまに聞こえてきます。

 

しかし、

もちろん平日は、

通常と変わらず勤務しています。

 

 

 

今日は一斉休校における

教員たちの現状を

お伝えしたいと思います。

 

 

 

f:id:avantech:20200307183548j:plain

 

 

 

「生徒がいないから

学校でやることないんじゃないの?」

 

そう思われる方も

いるかと思います。

 

確かに我々のメインの仕事は

生徒を相手とするものなので、

授業の負担は今はありません。

 

しかし実は私たちはいつも、

生徒がいない時に

多くの段取りや

事務仕事をしているのです。

 

たとえば、

私のところでは

今週は高校入試があったので、

入試の準備や段取りをしていました。

 

例年なら生徒たちがいるので、

放課後に段取りをしていたのが

今年は日中のうちにやったこと、

あと前日には生徒たちの手を借りる面も多く、

生徒たちの荷物も全て持ち帰らせ、

完璧に綺麗な状態で入試日当日を迎えることが

できていましたが、

今年は校内の清掃から教室の配置、

また突然の休校だったので、

生徒たちの置いていった荷物があったりと、

職員一丸となって準備を進めました。

 

今は無事に入試も終わり、

教員で分担して採点作業が

終わったところです。

 

あとは当日欠席者の追試験、

合否の判定会議、

必要に応じて追加募集と

その試験、

そして合格発表と

合格者招集などで

入試の仕事は終わりになります。

 

結構まだまだやることがありますね^^;

 

入試以外の仕事で

これから最も時間がかかるのが、

「指導要録」の作成です。

 

指導要録とは

生徒の成績の他、

やっている部活動や委員会他、

取得資格や学校内外の活動を記録したり、

出欠や遅刻早退、

その他所見などを記入した、

生徒のデータベースのようなもの。

 

この指導要録は

最長で20年間保管と

決められています。

 

で、この指導要録なのですが、

長期で保管することになっているためか、

やたらと書体や言葉使いに厳しい。

 

句読点は全角カンマを使うこととか、

数字は半角を使うこととか、

あと欠席の理由の書き方とか

かなり細かく言われます。

 

しかもこれを元に

調査書(内申書)を作成したりするので、

手が抜けない。

 

非常に緻密で繊細な仕事があるのです。

 

おまけにどう言うわけか、

PCで要録を作ることを

認めない学校も

いまだに存在しています。

 

令和の時代に

手書きにこだわる意味が

全くわかりません。

 

他にも

まだ通知表(通信簿)が

できていないのでその作成。

 

あと延期になった資格検定や

特別実習の段取り、

他学校行事の再調整、

来年度に向けての

準備が結構立て込んでいるので、

決して休んではいられません。

 

ありがたいのは、

部活などで遅くまで残る必要が

ないことくらいでしょうか。

 

他の記事にも書きましたが、

今の学校は通常業務で

定時上がりは無理なシステムです。

 

大多数の教員が

朝は0時限目の課外、

夜は部活などで

定時勤務ができていないのが

実情でした。

 

しかし皮肉なことに

コロナ休校の影響で、

教員の定時勤務が

実現してしまいました。

 

 

これを機にと言ったら

不謹慎と言われるかもしれませんが、

教員の働き方の見直しも

進んで欲しいと思います。

 

 

なお、

今は休校の他、

部活動も自粛となっているので、

久しぶりにゆっくりと

家族と週末を過ごすことが

私もできました。

 

「部活=悪」と言うつもりは無いし、

むしろ生徒たちと卓球ができるのは

幸せですが、

守るべき家族を持つ身としては、

土日の部活動は今後、

より制限していくべきなのかな

と思っています。

 

 

 

もしよろしければ、↓ランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。

 


高校教育ランキング

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事