昔々、

僕たちが生まれるより以前、

日本はたくさんの外国と

戦争をしていました。

 

日本はたくさん勝って、

アジアの多くの国々を

欧米からの独立へと導いて

いったと言います。

 

しかし

そんな日本も

アメリカにこっぴどくやられ、

日本の国土は

めちゃくちゃにされてしまいました。

 

しかし、

それでも先人たちは

くじけませんでした。

 

貧困にも負けず、

日本の復興のため、

昔の日本人は寝る間を惜しんで頑張って、

少しづつ日本中に

元気が戻って行きました。

 

しかし日本人は元気になってきたものの、

全然モノが足りず、

なかなか国民に行き届きません。

 

そんな中、

「みんなにモノを届けたい」

と思う人たちが、

たくさんの人を雇い、

積極的に機械化を進め、

大量生産を可能にして

日本の成長を支えました。

 

それが後の大企業です。

 

 

f:id:avantech:20200207183914j:plain

 

 

「大企業はたくさんのモノを作っている」

 

「大企業に入ればお金ももらえて、

将来も安定するに違いない!」

 

多くの日本人が

そう思うようになって行きました。

 

だから

「大企業に入社したい」

という若者がどんどん増えて行きました。

 

でも大企業も、

希望した人を全て雇うことはできません。

 

だから、

採用試験に色々と条件をつけて、

より優秀な人を集めようとしました。

 

例えば学歴。

 

大企業は

「有名な大学を卒業して、

ちゃんとした成績を納めてきた人を雇おう。」

と思ったのです。

 

だんだんと受験戦争が

激化して行きました。

 

 

 

f:id:avantech:20200207184126p:plain

 

 

親や教師たちは子供達に

「いい大学に行って、

いい会社に入るのが

いい人生なんだよ。」

そう教えました。

 

気がついたら

たくさんの若者が

大学に行くようになりました。

 

なぜなら

大学に行かなければ

いい人生にならないと

教えられてきたからです。

 

若者たちは

就職するために大企業に殺到し、

大企業はそれを選別する構図が

出来上がりました。

 

 

f:id:avantech:20200207184344j:plain

 

大企業は色々なことを企画して、

世の中をどんどん良くしていきました。

 

日本ではどこでも

水道があるし、

電気が使えるし、

ガスもつきます。

 

一人一台、

自動車を持っています。 

 

これはすごいことです。

 

この暮らしがあるのは、

先人たちの努力の結晶であることは

疑いありません。

 

やがて日本には

たくさんの会社ができて、

さらに外国からも

たくさんの会社が入ってきて

会社同士の熾烈な戦いが始まりました。

 

「会社が生き残るために、

たくさん残業して頑張らないと!」

 

f:id:avantech:20200207184835j:plain

 

 

日本は豊かになってきたけれど、

仕事の量は減りません。

 

新しいことをどんどんやらないと

他の会社に仕事を取られてしまうからです。

 

会社のために

みんな必死で働きました。

 

学歴社会がどんどん進行していきました。

 

でも、

会社の人間が

全員高学歴であれば

いいというわけでもありません。

 

現場では学力よりもむしろ、

「納期を守り、

上からの指示に従順で、

言われたことをしっかりとできる」

そんな人材もたくさん必要だったのです。

 

そこで企業は

部活動をやっている生徒に

目をつけました。

 

「時間を守り、

上からの指示に従順で、

言われたことを守る、

そんな高卒生が欲しい!」

 

高卒市場での

部活動経験が

神格化されていきました。

 

「就職のためには部活動が有利!」

 

 

f:id:avantech:20200207185645j:plain

 

学歴は無くても、

部活動を頑張った若者が

現場で活躍しました。

 

彼らは任されたことは

きっちりとこなすので、

企業としては非常に

使いやすかったのでしょう。

 

また、

高校の部活動は

プロスポーツの市場からも

注目されています。

 

高校時代部活で活躍した選手を

プロのスポーツチームが

スカウトし、

たくさんお金をあげました。 

 

また、高校時代にやったスポーツを

大人になってからも続けていたり、

プロの試合を見に来てくれることも期待できるので、

スポーツ市場では

学校の部活動は活性化させるべきだと言いました。

 

色々な大人たちの思惑の中、

子供達は強制的に

部活動に入部させられたり、

スポーツや文化的体験を純粋に

楽しみたい生徒は淘汰され、

長時間、きつい練習をするのが

是とされました。

 

「勉強が嫌い」

 

「部活に行きたくない」

 

本来、

何かを学ぶというのは

楽しいことのはずなのに、

何かに一生懸命に取り組むことは

素晴らしいことなのに、

大人たちが強要し、

競争を煽ったせいで、

生徒たちの心が

学校から離れるようになっていきました。

 

“強制“されることに順応し、

幸運にも“競争”に勝ち抜いて

会社でもバリバリ仕事をこなす

人もたくさんいました。

 

そして彼らは

自分より若い人たちにも、

自分たちと同じように

“強制”に順応し、

“競争”を勝ち抜いて、

バリバリ仕事することを

求めました。

 

こうして日本の社会は

どんどんブラックに

染まっていってしまいました。

 

日本のブラック体質を

作っている原点は

学校教育です。

 

強制や強要、

そしてキツイことを、

長時間我慢することを、

学校は生徒たちに

教えてきたのです。

 

 

今、

本当に日本はブラックでいいの?

という声が大きくなっています。

 

これは教育が、

生まれ変わるチャンスでもあるのです。

 

若い先生は

損得を考えず、

正しいと思ったことを

貫いて欲しい。

 

ベテランの先生には

過去のやり方にとらわれず、

どんどん新しいやり方を

取り入れていって欲しい。

 

その先にはきっと、

再び日本が元気になり、

みんなが明るくなれる

そんな未来が待っています。

 

学校教育が変われば

日本は変わります。

 

僕たち教員は

その誇りを持って

生徒たちと向き合っていきましょう。

 

きっと、

「悪くない教員生活だった」

と言える日が来ます。

 

 

※部活動が広まったのには諸説あり、

軍事教育に関係するという説や、

1980年代にペーパーテストだけでなく、

子供達を多様な視点から評価するために

部活動が注目されたという説もあります。

 

その辺のことは僕も何が正しいのかは

はっきりと言えませんが、

ともかくブラック部活動の存在が、

日本にブラック企業をのさばらせている

元凶の一つであることは

間違いありません。

 

 

もしよろしければ、↓ランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。

 


高校教育ランキング

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事