運動会や遠足、

修学旅行や文化祭など、

大きな学校行事のあとは

必ず作文を書く時間を作るべきです。

 

また、

学校行事でなくても、

「あなたの今年の漢字

「あなたの今年一番のニュース」

「残りの学校生活の目標」

など、

 

ネタは何だっていいのです。

 

作文をすると

彼らがこの先いきていく上で

重要な能力を伸ばすことができるからです。

 

f:id:avantech:20191126151241j:plain

 

 

 計算能力や論理的な思考力、英語能力などと比べ

あまり重要視されない文章能力ですが、

これはとても重要な力です。

 

例えば、

就職活動においては

作文や小論文、

あるいは履歴書やエントリーシートにおいて

自己紹介や志望動機などの文章を

書く機会があります。

 

他にも

面接では自分のことについて

自分の言葉で表現しなくては

なりませんし、

社会に出た後も

多くの人たちとコミュニケーションをとるのに、

瞬時に言語化する能力が必要となります。

 

これらの根源となるのが、

学校で書く作文です。

 

ともすると、

高校生ともなると

あまり文章を書く機会は

ないかもしれません。

 

でもだからこそ、

彼らの将来のため、

定期的に文章を書く機会を

作ってあげることが

大切になります

(LINEでの文章は能力向上はしません)。

 

さらに理想を言うなら

プレゼンまでできるようになると

完璧です。

 

私は担任を持つと、

他のクラスよりもたくさん作文を書く機会を

設けます(生徒には嫌がられますが^^;)。

 

でも慣れてくると、

自分の言葉で表現することに

生徒たちは快感を覚えるようになります(本当です)。

 

 

だから、

もし時間が取れるなら、

彼らにたくさんの書く時間を与えてあげましょう。

 

それは必ず

彼らの人生にとって

かけがえなのない能力となっていくでしょう。

 

 

 

もしよろしければ、↓ランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。

 


高校教育ランキング

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事